夫婦で出張マッサージ

妻と旅行でホテルに宿泊した際、なんか夜が暇だねーって話になって、だったら出張マッサージでも呼んでみる?ってことになりました。私は以前から出張マッサージを愛用しているのですが、妻は未経験とのことです。あんな良いものを知らずにいるのはもったいないことなので、セラピストさんを二人呼んで夫婦で仲良くマッサージを受けることになりました。
やって来たセラピストさんは二人とも若くて感じのよい女性でした。マナーもしっかりしていて、失礼だったり不快だったりするところが一切ありません。よく教育されているサロンなんだなーと思いました。肝心のマッサージの腕のほうも確かで、出張マッサージ初体験の妻は「とろけるように気持ちよかった」と骨抜きにされていました。そんな妻を見て私もすっかり満足し、その日はいつも以上にマッサージを楽しむことができました。
普段は一人で利用していた出張マッサージですが、こうして夫婦で受けるのもなかなかよいものです。これからはちょくちょく夫婦で利用してみようかなと思ってます。

楽しい和風さが最大の魅力!羽田空港

国際結婚して海外在住の30代女性です。こちらの家族を連れての日本帰省・旅行をする際には、断然羽田着発便を!と決めています。実家のある関東地方西部にアクセスしやすい、という利便さももちろんあるのですが、それ以上に空港の空間的な魅力が非常に大きい、と言えます。

日本に来たからには日本らしいものを味わいたい、と思うのが外国人観光客の願いなのですが、日本の最初の窓口である空港においては国際性が優先されてきました。以前利用していた成田空港には特にこの印象が強かったです。もちろん、万人が理解しやすいユニバーサルデザインは大切なのですが、さほど日本色が感じられない飲食店や免税店ばかりが目に付くような気がしてなりませんでした。

世界のどこでも味わえるコーヒー、どこでも購入できるブランド香水…もちろんそれを享受する人が多いのも事実ですが、どこかで「ここでしか会えない日本らしさ」がないのが寂しく感じられたものです。

こんな私たちですので、新規開設された羽田国際ターミナルには歓声をあげたくなりました。美しいモダンさの中に、しっくり楽し気にはまった「日本らしさ」あふれる施設。義両親が喜ぶお土産の買い物選択肢が豊富なのも、出立前の最後の最後に、本格的な和菓子が味わえるのもたまりません。

子どもが一人いますが、日本を去る際の一大エンターテイメントとして、和風の盛大な季節デコレーションに見入っています。本当に好きな空港です。

ホームに戻る